学校案内

SCHOOL INFOMATION

  1. 学校長のことば
  2. 建学の精神・沿革

学校長のことば

努力をすべての礎に置く

帝京中学校・高等学校校長
星野博史

校章にデザインされているミツバチは勤勉を表し、3つの桜の花は知育と体育、そして徳育を表現しています。帝京生は、概して明るく素直で礼儀正しい生徒が多いと感じます。来校された外部の方や修学旅行先でお褒めの言葉をいただくこともあります。徳育を通して養われる人間性は、学業、スポーツ、その他すべての教育活動の土台となると考えています。

進路指導室の前の掲示板には、その年の卒業生が合格を勝ち取った大学などが短冊で所狭しと張り出されています。四年制の大学へ進学する生徒が8割を占めていますが、その進路は様々です。国公立大学や私立の難関大学に進む者、帝京大学グループの系列大学に進む者、そして、かなりの数を占めている医療系の大学へ進学する者。その他にも、野球・サッカーなどの競技でプロの世界に入る者、海外の大学に留学する者も近年増えています。

本校は中高ともにコース制を敷いています。中学が2コース、高校は4つのコースに分かれ、多様な生徒の個性・資質に応じた教育を展開しています。難関大学合格を目指して毎日下校時間ぎりぎりまで学習に励む生徒。英語の4技能を高めるため留学を初め積極的に校外に出て活動する生徒。各種スポーツで全国、世界を制するため日々厳しい練習を積み重ねる生徒。どのコースにも共通しているのは、それぞれの目的に向かって日々精一杯努力を続けていること。どんな困難に遭遇しても最後まであきらめず頑張りぬくのが帝京伝統の精神です。努力を重視した創立者の考え方は帝京生の中に脈々と受け継がれています。

情報化・グローバル化の進展に伴い、知識・技能だけではなく、思考力・判断力・表現力を習得させるため盛んに教育改革が叫ばれています。本校でも、今まで培われてきた伝統的な教育を柱としながら、新しい教育を積極的に取り入れ、新時代の帝京をつくっていきたいと考えています。

TOP