高等学校の教育

SENIOR HIGH SCHOOL
EDUCATION

  1. 特進コース
  2. 進学コース
  3. インターナショナル
    コース
  4. アスリートコース

進学コース

多様な進路目標に対応

進学コースでは時間をかけて自分の適性や将来の目標を考えていきます。1年次は文系と理系の学習をバランスよく行い、進路ガイダンスや先生との面談を通して進路の方向性を考え、2年次からは文系・理系に分かれ、3年次では豊富な選択科目の中から自分の進路目標に合ったものを選び、自分で時間割を組んで効率的な学習を行います。
進学コースの最大の特徴は多様性への対応ということです。このコースには3年間部活動を頑張りながら勉強との両立を果たし、推薦入試での大学進学を目指す生徒もいます。中には帝京大学グループの優遇制度を活用することを考えている生徒もいますし、もちろん一般入試で上位校へのチャレンジを目標にしている生徒もいます。そうした多様な生徒たちへ、予備校に頼らないワンストップサービスの教育を提供しているところに、進学コースの特徴があります。

進学コース 学習の流れ

  1. 1年次

    月〜金
    ほぼ6時間
    4時間
    国語 5
    地歴公民 4
    数学 6
    理科 4
    英語 6+1(自選
  2. 2年次

    月〜金
    ほぼ6時間
    4時間
    文系の場合
    国語 6
    地歴公民 6
    英語 7
    理系の場合
    数学 8
    理科 6+2(自選
    英語 6
  3. 3年次

    必修授業はほぼ午前中で終了、午後は少人数の演習形式の授業から自分に必要なものを選択。

    推薦入試、AO入試を希望する生徒対象の小論文講座は7講座を開講し、少人数指導を徹底します。希望者の多い講座はレベル別に複数講座を設けるなど、生徒のニーズに細かく対応しています。

※各教科の数字は週の授業時間数

難関私大クラス

進学コースの特徴である多様性への対応を徹底するため、平成28年度から「難関私大クラス」を設置しています。このクラスはGMARCHレベルの難関校を一般入試で受験したいと考える生徒を対象にしており、私大受験に必要な教科を徹底的に鍛えます。ただし、それ以外の教科の時間数をしぼり込むことによって、総時間数を抑えています。そのためクラブ活動との両立も十分可能です。

難関私大クラス2年次時間割例

[文系]
1 HR 英語 英語 英語 英語 英語
2 英語 英語 英語 英語 理科 理科
3 地歴公民 地歴公民 地歴公民 地歴公民 地歴公民 地歴公民
4 地歴公民 地歴公民 保健体育 保健体育 保健体育 保健体育
5 国語 国語 国語 国語 国語
6 国語 国語 国語 国語 国語
7 総合

国語10、地歴公民8、英語9 
7時間目に選択授業

[理系]
1 HR 英語 英語 英語 英語 英語
2 英語 英語 英語 英語 地理 地理
3 数学 数学 数学 数学 数学 数学
4 数学 数学 保健体育 保健体育 保健体育 保健体育
5 理科 理科 理科 理科 理科
6 理科 理科 理科 理科 理科
7 総合

数学8、理科10、英語9 
7時間目に選択授業

Teacher's Message

それぞれの将来の目標を
見つけていけるコース

進学コースは2年次に文系と理系に分かれます。1年をかけて進路ガイダンスや適性検査など、進路について考えることができる行事がたくさんあるため、それぞれの将来の目標をじっくり見つけていけるコースです。
また、進学コースの生徒は時間的に余裕を持たせてあるため、クラブ活動や委員会活動に積極的に参加している生徒が多いです。クラブによっては校外での発表や他校との交流、合宿や遠征、試合などがあり、学校外での楽しさや厳しさを経験することができます。クラスではもの静かな生徒が、放課後クラブ活動の際には後輩に声を張り上げて指導している姿をみて、授業中とのギャップに驚かされることもしばしばです。

高校生になったからには勉強とクラブ活動どちらも一生懸命やりたい、と考えている生徒におすすめのコースです。

TOP