インターナショナルコース

インターナショナルコース目標|1年次夏から1年間英語圏に留学など
英語を武器にして国際的に活躍できる力を養成する

Ⅰ 海外留学課程(従来型)

約1年間、ホームステイ型の英語圏現地留学にチャレンジします。(第1学年第1学期終了直後より第2学年第1学期終了時頃まで)

Ⅱ 英語特化課程(平成27年度より新設)

「将来は英語を生かしたい。でも留学はしない」生徒向けの、英語ネイティヴ教員と学習活動を共にする機会がとても多い英語チャレンジ型です。

1日の流れ

8:15AM 登校

インターナショナルコースの生徒たちは他コースよりも少しだけ早く登校。朝から集中力を高めていきます。

10:40AM 2限
[ネイティブ教員による指導]

英語は知識だけの学習に留まらず、ネイティブの先生による指導や校外研修で表現力やコミュニケーション能力も養成していきます。

11:40PM 4限
特色ある授業[西洋文化史・外国事情]

コースならではの授業や演習で、世界の文化や情勢にも目を向けた学びを展開します。少人数制の授業ではディベートなども行われます。

1:20PM 5限
[異文化交流など国際性豊か]

留学生との交流や海外研修、留学など、諸外国文化との交流の機会も多数用意されており、国際的な視野を伸ばしていきます。

3:20PM 放課後
[ラウンジでネイティブと団らん]

生徒たちは放課後もネイティブの先生と積極的に会話し、英語を楽しみながら学んでいます。

Teacher’s Message

Dummy photo

英語を通して自分を表現できるように

インターナショナルコース 担任

留学をして英語を習得することだけがコースの目的ではありません。英語を通して自己をどう表現し、世界の人々とどうつながっていくかに重きを置いたカリキュラムになっています。生徒たちが留学する米国やカナダ、オーストラリアなどは、いずれも多民族国家、多文化社会であります。異なる生活習慣や価値観を持つ人々が共存していくためには何が必要であるかを、異文化交流を通して実感してもらいます。そうした体験から得た興味や関心を、各生徒の問題意識としてさらに深めていくのが国語や地歴公民といった教科です。日本や世界が抱えている政治や経済、環境や福祉といった諸問題を、実践的に考えていきます。そのため、ディベートやプレゼンテーションを取り入れ、自己主張能力を伸ばしていきます。また小論文を多く書くことで、論理的な思考力を身につけてもらいます。その中で見えてきたものを生徒たちは大学進学の志望動機に結びつけていきます。

Student’s Message

Dummy photo

少人数でアットホームなクラスです

平成26年度卒業生 [インターナショナルコース]

Welcome to our homepage !
高校1年の夏からアメリカに1年間留学しました。ホストファミリーとの生活、友だちと過ごしたハイスクールやクラブ活動、アメリカで出会った全ての人が私を成長させてくれました。
インターナショナルコースは少人数で、生徒それぞれが海外生活を経験しており、個性豊かでユニークです。各教科の先生方との距離がとても近く、グローバルな授業を毎日楽しく行っています。コース内では学年の垣根がなく、試験や受験の情報を共有することができます。

留学中に日本でできなかった勉強を帰国後に取り戻すのは大変だけれど、自分の目標に向かって充実した高校生活が送れるコースです。

このページの先頭へ戻る